いい旅館の見分け方を伝授したいと思います。最近、温泉ブームもあって、温泉旅館が人気をつらねています。あらかじめ、ネットなどで口コミや様々な情報を得ることができますが、案外人の価値観というのは多様化しており、必ずしもじぶんの価値観と一致するとは限りません。ですから、実際にいってみてあれ・・・ガッカリというケースも少なくないのです。
わたしはいつもいい旅館を見極めるポイントにするところがあります。
それは24時間かけ流しの温泉であること。
あまり規模が大きすぎないこと。団体旅行の受け入れをしていないこと。お食事がお部屋でとることができること。
事前に調べるのはそのくらいにしています。また、現地についたらチェックすることは。
廊下や柱の清掃状況をみています。ロビーやお部屋、温泉、お手洗いなどは綺麗であることは当然だと思います。ですが、廊下や柱など、あまり目立たない所まで掃除が行き届いている旅館は総合的にみて素晴らしい旅館が多いです。
4年ほど前、熊本から長崎に1泊でプチひとり旅しました。
ひとり旅のときは、いつも交通の便のいいビジネスホテルを利用するのですが、たまには違う雰囲気も楽しんでみたいなあ旅館に泊まりたいなあでも本格的な宿は高いしそもそも1人宿泊できるところはあまりないし・・・と思っていたら、ネット予約で異邦館を見つけました。
ここはビジネスホテル並みの料金で和室に泊まれ、大浴場もついている、おまけに長崎駅のそばと、完全にわたしの心をわしづかみにし、即予約したのでした。到着したら、スタッフが部屋まで案内してくれてちょっとビックリ。
料金そのものはお安くてビジホと同じ感覚で行ったものですから、そこまでしてくれると思わなかったのです。
(数年前の情報なので、今も同じかどうかは不明)部屋に入ってまたビックリ。
ひ、広い!10畳間でしかもふすまの向こう側には別室まであった・・・こんなに広いところにひとりで泊まっていいのか!?と思ってしまいました。
荷物を思いっきりぶちまけて(笑)、心も体も実にのびのびと利用させてもらいました。
もうひとつ嬉しかったのが、照明が明るかったこと。たいていのホテルは薄暗くて、正直不満なんですよね。大浴場でも足を伸ばしてリラックスタイムを堪能。
洋室や、卓袱料理つきのプランもありますよ。
また長崎に行くことがあったら、再度この異邦館を利用したいと思います。